Autodesk Maya,Autocad,3dsMax,ZBrushなど3DCGソフト、クリエイター向け製品の専門 ボーンデジタル直営店のCGiN

Substance Designer PRO 2018 マルチユーザーライセンス(初年度保守付属)

¥138,996
Substance Designer 6 Pro NL MU
在庫あり
+
合計  
銀行振込代金引換
当店でお買上げのライセンスは日本語インストールサポートを提供致します。

■ダウンロード版

 ※ダウンロード版のため物理的な納品物はありません。(送料無料)
 ※ダウンロード先等のご案内には2~3営業日程度のお時間が必要です。

■Pro版ライセンス
事業規模によりお求めいただけるライセンス価格が異なります。
ご注文前に以下をご確認ください。

■INDIEライセンス:
年間売上高USD 100K(約1,000万円)未満のユーザーが対象となります。 上記規定を超える収益がある場合、Indieライセンスを商用目的に使用することは規約違反となります。
■PROライセンス:
年間売上高USD100K~USD 100M(約1,000万円~100億円未満)のユーザーが対象となります。 上記規定を超える収益がある場合、この製品の使用は規約違反となります。
※メインビジネスがゲーム/VFX/アニメーションおよび官公庁のユーザーはUSD 100Mを超える売上高がある場合でもPRO版をご利用いただけます。
■ENTERPRISEライセンス:
年間売上高USD100M(約100億円)を超えるユーザーが対象となります。
※メインビジネスがゲーム/VFX/アニメーションおよび官公庁のユーザーを除く
※ENTERPRISEライセンスはお見積もり製品になります。お見積もりを当店までご依頼ください。

■シングルユーザライセンスとマルチユーザライセンスの違い

Allegorithmics社製品は、ユーザーベースのライセンスとなっております。

同一ユーザーが使用する限り、1つのシングルユーザライセンスを複数台のPCにインストールし使用する事が可能です。
※同時起動はできません。
※使用するユーザーが異なる場合、利用規約に抵触します。ご注意ください

異なるユーザーが1つのライセンスを使用する場合は、マルチユーザライセンスが必要です。
※同時起動はできません。



【Substance Designer概要】
 
Substance Designerは3D制作パイプラインの中心にスマートなテクスチャリングをもたらす強力なマテリアル処理のソリューションです。どのようなアーティストでも典型的なビットマップから専門的なプロシージャルな要素まで、リアルタイムで動的かつ非常にフレキシブルなテクスチャやフィルタまでありとあらゆるイメージリソースの変換を可能にします。
 
*新しいテクスチャとフィルタを生み出すSubstanceの紹介
Substance Designerで新しいタイプのスマートテクスチャであるSubstance作成を可能にします。Substanceは現状のビットマップを含む、リソースの異なるタイプから作成できるハイブリッドのアセットです。しかしビットマップとは対照的にSubstanceはテクスチャの解像度を含め、完全に動的に実現できます。それらはすぐに完全なテクスチャ セットを生成し複数にアウトプットすることができます。またフィルタとして使用するためにインプットすることもできます。
 
*ノンリニア&インタラクティブワークフロー
Substance DesignerのノードベースのインタフェースでSubstanceを作成することは完全にノンリニアのプロセスです:
いついかなる時でも自由に変更を加えることが可能です。そしてすべての変更は自動的にアウトプットされるすべてのSubstance(ディフューズ、スペキュラ、ノーマルマップなど)に適用されます。
 
*クリエイティブパワーと柔軟性
Substance Designerの特長は、彼らの技術に関係なくすべての3Dアーティストが素晴らしい一定の結果をもたらすためのリソースの大きなセットです。どのようなユーザでも、素早く既存のビットマップを精査し、シンプルな写真をシームレスなタイリングマテリアルに変換し、動的なディテールを追加するような組み込まれたフィルタを使用することができます。よりハイレベルなユーザは次の制作時に再利用できるようSubstance Designerで高度なカスタムフィルタとマテリアルのオリジナルライブラリを作成することが可能です。Substance Designerにより、プロジェクトが真に必要とする最適なテクスチャリングのパイプラインを構築できます。
 
*パイプラインの統合
他のテクスチャリングソリューションはSubstance Designerと違い既存のパイプラインに統合されません。Photoshopで作成したテクスチャもしくはビットマップライブラリから取り出したテクスチャは新しいSubstance用のリソースとして使用することができます。動的なマテリアルもしくはフィルタを作成するかどうかに関わらず、SubstanceはAutodesk 3ds Max 2012やAutodesk Maya 2012のような互換性のあるソリューションにインポートすることができます。お気に入りのDCCツールやゲームエンジンで直接リアルタイムに新たなバリエーションを生成しパラメータを調整することができます。

*Substance PainterとSubstance Designerの違い
Substance Painterはビットマップ(Tiffやjpgなどの画像ファイル)を作成するものであり、完全な3Dペイントソフトです。
Substance Designerはビットマップも作成することはできますが、Substance
PainterやC4Dで使用可能な、SBSARファイルを生成するノードベースの画像エディタです。
 

詳しい製品情報はこちら