ロード中...

トンパの達人ver1.0

商品型番: 4529086200037

価格: 9,504

在庫あり
 
中国発の不思議な象形文字「トンパ文字」がフォントと画像データに!
   
 

・アウトライン抽出ソフトを使わず1つずつ丁寧に作ったデータがなんと2160文字!
・フォント・ベクターデータ・ラスターデータと多彩な画像形式で様々な環境に対応!
・専用の検索ツールがついて使いやすさも抜群!
・資料に最適な一覧表を収録!

  パッケージ
 
ハイブリッドCD-ROMで、MAC環境でもトンパ文字を楽しめます。
(検索ツールはWINのみ対応です)
 

◆トンパの達人 収録トンパ文字一覧表

http://www.e-spc.co.jp/sptompa/frame/tompalist_sample.pdf


◆トンパ文字って何? - 生き続ける象形文字 -

上の文章、あなたは読めましたか?「えっ、これって文章なの !?」なんて、驚いている人もいるかもしれませんね。この、イラストのような記号のような不思議なものが、「トンパ文字」なのです。
トンパ文字は、現在も中国で使われている象形文字です。象形文字というと、古代エジプトで使われていたヒエログリフが有名ですが、トンパ文字もそれと同じく、物の形や動作を象(かたど)って表している文字です。
トンパ文字がヒエログリフと大きく違う点は、この文字が今も生き続け、現地で教典を記すために使われ続けているということでしょう。その、象形文字独特の絵画にも似た表現はとても表情豊かで、現地の言葉を知らない私たちにも非常にわかりやすく親しみやすいものになっています。上に紹介した文章でも、太陽や傘、衣服など物の形がよく表されているのがわかりますね。
手書きの文字を目にする機会が減り、活字が溢れる今の世の中、柔らかな線と有機的な形で成るトンパ文字は、私たちをちょっぴりほっとさせてくれます。

 

◆発祥の地
トンパ文字は、10世紀後半から13世紀後半にかけて、中国は雲南省麗江に暮らすナシ族という少数民族の手によって生み出されました。
ナシ族のうち西部に住む人たちが信じる、トンパ教という宗教があり、トンパ文字はその教えを教典に記すための文字として、祭司だけに代々受け継がれてきたのです。
トンパ教は日本の神道に通じるところが多くある宗教で、日本でいうところの八百万の神々と同じように、自然のあらゆるものに神が宿るという思想がベースになっています。
険しい山々とその間を縫うように流れる川といった厳しい地形に囲まれながらも温暖な地なため、こうした自然崇拝が興るのもうなずけます。


◆どうやって読むの?
トンパ文字は、形にとどまらずその文法においても、実に自由奔放な文字です。
たとえば、ここに「雪山」という文字が書かれています。

これは「雪」という文字と「山」という文字を組み合わせて作られた文字で、トンパではこのように名詞と名詞、形容詞と名詞など、複数の文字を組み合わせて1つの言葉を表す書き方をします。組み合わせの種類も形も実に様々なので、トンパ文字は書き手によって無限に増えていくと言えます。
また、解釈も実に幅が広く、この「雪山」という文字にしても、単に「雪が積もった山」という「もの」を指すだけではありません。読み手の想像力によってこの文字は、「山に雪が降った」という「できごと」にも、「山は雪が降っているから登れない」というような、複雑な意味を持つ長文にも変化していきます。

トンパ文字には日本語の「てにをは」にあたるものがありません。ですから、読むときにはそれを補う必要があります。
もしくは、書くときには下のように日本語と混ぜて使ってもいいでしょう。

古くから漢字や英語を上手に取り入れてきた日本語は、トンパ文字も簡単に受け入れてくれるでしょう。 そこには、英語の文法のような正確さはありませんが、同時に堅苦しさもありません。 曖昧ではあるけれど、自由で柔軟なところが、トンパ文字の面白いところなのです。 言葉の意味のみにこだわらず、伝えたいことを自由に表現してみましょう。
下のような表現も、もちろんアリですよ!

「野菜」「焼き肉」「食べる」「満腹」と書いて「バーベキュー」、ついでに「釣り」や「花火」を「楽しむ」ということで、「キャンプ」という、トンパ文字の世界には無い言葉も表現できてしまいます。 この文章で、「キャンプに行って来たよ!」という報告にも、「キャンプに行かない?」というお誘いにも使えますよ!

他にも、「君にも書ける?!例文集」の項で、おもしろ例文をたくさん紹介しています!

メーカー:システム・プロダクト株式会社