ロード中...
Hayabusa Renderer 2.0 for Rhino 教育機関版 画像

Hayabusa Renderer 2.0 for Rhino 教育機関版

商品型番: APLC03080022010

価格: 62,700

売り切れ

こちらの製品は教育機関版となります!!

▼製品概要

Hayabusa Renderer は3 次元モデリングソフト「Rhinoceros」で作成されたモデルを、GPU(ビデオカード)の能力を最大限に活かしたリアルタイムレンダリング機能によって、速やにレンダリング結果を得ることが出来る、Rhino4.0 にプラグインされるアプリケーションです。
Rhino でモデリング作業を行いながら色/ 反射/ 透明度などのマテリアルや光源/HDR 画像の設定が可能なため、レンダリングイメージを迅速に確認できます。マテリアルや光源設定をしてからレンダリングを開始する従来の静止画レンダリングシステムと異なり、デザイナー・設計者が思考を中断することなくモデリング作業に専念できます。また従来、品質の高いレンダリング作成には高度な技術と経験を必要とした静止画レンダラーと異なり、誰でも品質の高いレンダリング結果を得ることが出来ます。


▼製品仕様

●リアルタイムレンダリング機能

GPU(グラフィックスカード)の機能を最大限に使用したリアルタイムレンダリング機能。標準レンダラ(CPU による)、高機能レンダラ(GPU使用)、リアルタイムレイトレーシングレンダラ(2.0 新機能)の3 種類から選択

●マルチ光源・マルチシャドウ(新機能)

平行光源、点光源、スポットライトの3 種類の光源をサポート。最大80 個までの光源定義が可能。平行光源、点光源には影の設定が可能で最大24 個までの影付き光源の設定が可。

●マテリアル定義

ランバード、フォン、ブリン、クリアコート、ガラス、メタリックの6 種類。HDR(High Dynamic Range)画像を背景とした、IBL(Image Based Lighting)による効果。

●マッピング

マッピングタイプ:テクスチャ、バンプ、スペキュラー
マッピング設定:平面、シリンダ、球、トリプラナー
マッピング・猿Z:乗算、デカール、ステンシル
環境マッピング:背景画像の任意設定、オブジェクト毎の任意設定


●表示

リアルタイム・セルフシャドウ、HDRI(High Dynamic Range Imge)による各種効果、ソフトウエアアンチエイリアシング、比較表示、最大4 モデルの比較検討が可能

●プレゼンテーション

3D シーンショット機能 : 最速3D ショットでのオートプレゼンテーション
ムービーアニメーションファイル出力:解像度/ フレーム数設定によるムービー出力、AVI 形式、静止画像連番出力等
ターンテーブルモーション、カメラモーション、キーフレームによるアニメーション作成
スナップショット出力:任意解像度指定とアンチエリアシングレベル
設定、各種ファイル出力(BMP、JPEG、PNG、TIFF 形式等)


●その他

指定精度でのNURBS ポリゴン分割、マテリアルのドラッグ&ドロップ、アクション・ヒストリー機能、マテリアル、背景等のリロード機能

詳しい製品情報・動作環境はこちら



▼教育機関版
購入対象者:国内の1年以上の課程を持つ、国公立学校及び学校法人(中学~大学院)、または
メーカー指定の教育機関に在籍する方

ご購入には専用のお申込書、学生証のコピーの提出が必要ですのでご注意ください。
学生版申込書
PDFダウンロード(212KB) 

  申請書は、ご注文後に下記まで郵送もしくはFAX、メール等にて送付願います。
  〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-5Daiwa九段ビル
  FAXの場合:03-5215-8673
  メールの場合:
support@cgin.jp
  株式会社ボーンデジタル CGiN宛
 



▼体験版
下記のURLから
Hayabusa Rendererの体験版を配布しております。
http://www.graps.co.jp/hayabusa/trialrequest.html